ウッドチャックの穴掘り記

知りたくなったら掘るしかない

意外に簡単?600点を越える方法[TOEIC]

 

本日は、TOEIC600点取る方法についてお話ししたいと思います。

正直600点取るのは簡単です。600点取れないという人は、単純に勉強量が少なすぎるとしかいいようがありません。

じゃあこの"少なすぎる勉強量"をどうすればいいか。

"少ない勉強量"にまで格上げさせればいいんです。

 

では、ここに格上げさせるにはどうすればいいか?

それを紹介するのが今回の記事です。

 600点を取るためにやるべきことはこれ一つ。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 公式問題集です。これに限ります。

この本を紹介されただけでは物足りないと思うので、私なりの使用法を説明します。 

  1. 練習問題1をListening,Reading解く。(3時間)
  2. 答え合わせ
  3. Part1から順に、答えの文を見ながらそれを自分が聞き取れるかを確認し、聞き取れるようになったら次の問題(Part4)まで
  4. Part5:形容詞・副詞などがどういった働きをするのかを理解し、自分が解いた問題の解答にあたるものがなぜそれになるのかを考え、納得できたら次。
  5. Part6:Part5と同様。
  6. Part7は文章を音読→日本語訳を見る→わからない単語調べる(weblioなど)
  7. 練習問題2で1~6を同様にする。
  8. 1~7を繰り返す。

 

これが600点とる方法です。小手先のテクニックを覚えるのが嫌というか覚えてもあやふやになるという方にはピッタリの正攻法です。ちなみに私はそのタイプです。

まとめて時間をとることが難しい人もいると思いますので、そういった方の場合は、Part1を解く。次の日Part1の復習。次の日Part2を解く。といった風にしていっていただけるといいと思います。ただ、このやり方ですと、時間がかかってしまいますので、2ヶ月位前からしっかりとやれる人なら後に書いたものを実践すればいいと思いますが、まぁ無理でしょう。(というかそれができる人は600点取れてる)

 

なので、どうやっても600点いかなかったという方は、箇条書きしたものをきちんと1ヶ月やってみてください。絶対に600点取れるはずです。これあんまり時間もかかりませんし。

このぐらい勉強して初めて勉強量が少ないといえるレベルですので、これ以下は勉強してないの部類です。

 

とはいえ、私もまだ650前後しか取れていないのでちょっとしか勉強してないレベルでしょう。

次回のテストで700点を超えたときは、700点を越えるための勉強法を紹介しようと思います。早く紹介できるようにならねば....

 

それでは。