aisaka.com

自分が知りたかったこと・日々の思考・共有したいニュースを発信

”全然勉強してないって言っていたのに結局成績いい人”になる方法

「お前、勉強した?」

「まったくしてない(あの一時間はまぁしてない部類だよな..)」

f:id:aisakakun:20151212140459j:plain

〜テスト後〜

「え!めっちゃ点数いいじゃん」

f:id:aisakakun:20151212140636j:plain

 

こんな経験ありますよね〜

本日は、

”全然勉強してないって言っていたのに結局成績いい人”になる方法”

について紹介します。

確実にいますよね。自称全然勉強してない人。

でも、その人の恐ろしいところは、本当に勉強できていないと思い込んでいるところです。

「勉強をした」という閾値が高いんです。 

パラパラめくって1時間経ちました。

「あぁ勉強疲れた〜」という人もいれば、閾値設定の高い人は同じ行動でも

「全然勉強してない。。やばい、こっから本腰いれないと。。」

という感じなんですよね。

 

パラパラめくってやった気になっている人は、勉強法を見直したほうがいいと思います。

 

じゃあ勉強方法はどうすればいいのか....

私自身迷っているときは、色々必勝の勉強法を探してブログを駆け巡ったものですが.....

その中で、色々試して確実に必要なことは、まずは、これ!

 

1.いろんな本に手を出さない。

これは、間違いないですね。 検索したらどこにでも書いてあります。

参考書マニアの成績は決まってよくない、というのは今の大学院の勉強ができる人たちがみんな言っています。なのでこれは間違いない。

しかも、正しい。 

問題に多く触れたほうがいいことは確かですが、

それよりも一つの問題集の内容をほぼ理解するくらいじゃないと、

確実に試験を突破することは難しいでしょう。

確実に受かるには、受かると確信するくらい積み重ねないといけないので。

 

2.試験日程から対策開始日までのペースを決める。

このペースは、ゆるくやっても達成できるようなペースを考えないとダメです。

この日は、何もないから5時間! 

この日は忙しいから30分だけ! みたいに決めてたら、

確実に計画倒れします。

そのためには、どのようにして計画を立てるか...

その手順は、

1. 参考書を流し読みして、一日何ページくらいできるかを考える

2. そのページ数を実際にやってみて、何時間かかったか測る。

3. 思ったよりかかったらページ数を減らす。

4. 1~3を繰り返し、自分が確実に毎日確保できる勉強時間に調整する。

 

といった感じです。

もちろん、予定が入っていてどうしても勉強ができない日は、試験日から逆算する日の中の一日としてカウントはしないでください。


以上、これら1.2をきちんとこなせば、確実に試験は合格できます。

実際に去年はこの方法で院試合格しました。

ここにも少し似たようなことを書いた気が...

infoaisaka.hatenablog.com

試験を"コツ"で乗り切るのが、得意ではない人にはオススメの勉強法です。

もう一つポイントなのは、

一日の勉強の範囲を時間ではなく、ページ数で決めることです。

時間を目標にしてしまうと、時間が過ぎただけで、

謎の達成感が生まれます。

それだけは、避けてください。

「今日5時間も勉強したわ〜(密度薄い=実質30分でできる量)」

恐ろしい。これのもっと恐ろしいのは

「うわ。毎日5時間勉強したのに、毎日1時間のあいつより点数低い。。

俺ってやっぱり頭悪いんだ。。」

と思い込むことです。 頭悪いと思い込むと勉強しなくなって

本当に勉強ができない人になりますから。

 

これをこなせるようになれば、

「うわぁ〜全然勉強してないわ〜」といって、そこそこの点が取れる人にあなたもなれます。

なりたいわけではなくても、この勉強法だと決めたらそれで突っ走ってみることが重要だと考えます。

 

他にも書いているのでよろしければこちらから!

infoaisaka.hatenablog.com