aisaka.com

自分が知りたかったこと・日々の思考・共有したいニュースを発信

クリスマスの意味を知らないままでクリスマスを迎えていいのだろうか?いやいいはずがない。

 本日はクリスマスイヴ。

クリスマスは、イエス・キリストが生まれた日でしょ!知ってるよ!

という方、ちょっと待った。

私がクリスマスの日が12月25日たる所以をいくつか列挙するので、すべて

覚えておくように。

 

クリスマスの語源

f:id:aisakakun:20151224230146j:plain

クリスマスの語源は、

Christ(キリスト) mas(礼拝) という意味でラテン語で「クリストゥス・ミサ」

と読みます。イエス・キリストに祈りを捧げる日というのは間違いないですね。

 Christmasではなく、よくXmasともいいますが、これは

Xristos(ギリシャ語:救世主・キリスト)という意味になり、

これが省略されてXmasと呼ばれています。

つまり、Christmasはラテン語。Xmasはギリシャ語ということですね。

 

続いて

なぜ12月25日なのか問題

 

キリストの誕生日? どこ情報?

といった具合で、キリストの誕生日が明確に記された書物は見つかっていません。

なので、この日がイエスキリストの誕生日であるということはいえない。

じゃあ、なぜ12月25日なのか?

 

太陽信仰??

f:id:aisakakun:20151224230327j:plain

かつてローマ帝国では、太陽を神と崇める信仰を行なっていました。

そこで、冬至の日から日没が徐々に遅くなり日照時間が長くなることから

太陽の復活として祝っていました。

そして12月25日を太陽神の誕生の日と定め、

イエス・キリストが「世の光」と呼ばれていたことから

当時の教会がこの太陽神の誕生の日を

キリストの誕生の日として祝うと定めたそうです。

つまり、厳密に言えば冬至の日なんですねぇ。

 

ってことは冬至ラテン語「bruma」

というらしいので、こう呼ばれてもおかしくはないかもしれません。(適当)

 

そして、更なる疑問。

なぜ、サンタクロースがプレゼントを配るのか?

f:id:aisakakun:20151224230253j:plain

まず、サンタクロースとは何なのか?

それは、キリスト教の司教であった「聖ニコラウス」という人の名前が語源です。

 

聖ニコラウスは、貧しい娘達に密かにお金を恵んだという言い伝えがあり、

聖母マリアをサンタ・マリアというように聖ニコラウスをサンタ・ニコラウスと呼ぶことからその呼び名が転じて、「サンタクロース」となったと言われています。

 

このお金を貧しい子供に恵むとうことと冬至の日のイベントというのが

重なってクリスマスにサンタがプレゼントを配る。

という風になったと考えます。

 

 

これで以前よりはクリスマスの知識が増えたのではないでしょうか?

これで、明日のクリスマスを安心して迎えることができますね。

 

ここで、注意ですが

ここで得た知識を周りの人に話さないようにしましょう。勿論明日。

なぜか?

だれもクリスマスの起源になぞ興味がないからです。

 

クリスマスにクリスマスの起源の話を聞くよりも

プレゼントゲット! とかで盛り上がったほうが断然面白い。

クリスマスを楽しく送るためにクリスマスの知識は不必要です。

 

従って、題名に示した

「クリスマスの意味を知らないままでクリスマスを迎えていいのだろうか?いやいいはずがない。」

である。

 

Q.E.D

f:id:aisakakun:20151224230520j:plain