ウッドチャックの穴掘り記

知りたくなったら掘るしかない

漫画の続きはなぜ見たくなるのか?

f:id:aisakakun:20160123192217j:plain

漫画の続きはなぜ見たくなるのか?

 

これは心理学的効果を利用していて、

 

「ザイガルニック効果」というそうです。

説明としては、

人は完結した物事よりも、途中の物事の方が記憶に残りやすい

 

効果のことをいうそうです。

ちなみに、メンタリストのDaigoさんが出演している動画を見て知りました。笑

youtubeで「有吉がメンタリストDaigo」

で検索しましたら、その動画が出てくるとおもいますので、

参考までに....

 

ちなみにほかの動画で

 

「本を5分で読む方法」

 

をDaigoさんが番組中に説明しているものもありましたので、

本から知識を得たいが最終的に寝てしまう人から、

本を長時間読まずに必要な情報だけ見つけたい

と思う人はぜひぜひごらんください。(上の動画ではございません。)

 

本を読む方法の動画の内容を掻い摘んで話しますと、

一冊の本を読んで、その人自身にとって必要な情報というのは限られていて、

多くて10%程度だということ。

良い本というのは、重要なフレーズは何度も本の中で主張しているので

そのフレーズはどこからでも得られることができ、

本をパラパラめくって、自分が興味を持ったところを読むと

5分程度で本から情報を得られるそうです。

 

この話を聞いて、

私は本を全部読む派なんですが、確かに本の内容において

思い出すこと、印象に残っている言葉というのは長くて数ページくらい。

だから、本の中の中だるみ的なところは読まずに、

読み進めてもよかったんですね。

なるほど。

本当に自分が必要だ!と思った情報であるのであればずっと読むであろうから、

そもそも本を読んでいる途中で寝てしまうような本というのは、

自分が興味のある内容ではないということかもしれません。

 

ちなみに、本の内容というのは

「知ってる内容6割・知らない内容4割」

くらいがいいそうです。 知らなすぎると理解できないし、

知りすぎていると、つまらないと感じるためだそうです。

私も今日から実践してみます。

(小説にこの方法は適用できないと思います。)