今日何する?

2019/04/30-2019/05/31はiOS系の取り組みのみ行います。

浄水器は本当にコスパがいいのか?購入前に考えた3つのポイント



結論から述べますと、買って正解でした。私が購入したものは下記二点です。

今回浄水器を購入するに至った理由としては、3点あります。

(1) 購入する前の消費額から浄水器の購入を検討

購入する前まで私は近くのスーパーで週に2度、水2リットル(68円)を2本購入していました。
したがって、年間にかかる費用は以下の通りです。

 \frac{2}{7(日)} \times 365(日) \times 2(本) \times 68(円/本) = 14182.8571(円)

さらにここに、2リットルの水を持って歩くという不快コスト(F)が見えないコストとして加算されます。

 14182.8571(円) + F_{move}

水が冷蔵庫にも入っていないにも関わらず、会社帰りで疲れて購入することを忘れた日に冷蔵庫を開けると水がなくて不快になるコストも加算されます。
加えて、その時間から購入しに外へ出るか検討する時間も加算されます。

 14182.8571(円) + F_{move} + F_{mizunasi} + F_{mayou}

したがって、年間私は水の購入に上記コストを支払っているという計算になります。
なお、F_{move} + F_{mizunasi} + F_{mayou}は14182.8571(円) に比べて十分小さいので無視します。そうすると、私が年間に支払っているコストは

 14182.8571(円) です。コストの面で浄水器がこの価格を下回れば、浄水器を購入するメリットはあると言えます。

(2)水道水を直接飲むと美味しくないことから購入を検討

そもそもなぜ、私が水を購入して飲んでいたか、というと水道水が美味しくなかったからです。理想としては、水道水でなんとかしたいが、美味しくない。これは大きな課題でした。好きな水があるから購入していたのではなく、水道水が美味しくないからスーパーで水を購入していた私にとって、水道水を私が飲める水に変えることはメリットのみでした。

(3)面倒臭がりの性格にマッチしていたことから購入を検討

面倒なことはとにかくしたくないので、外を歩かず(F_{move}=0)、飲める水を購入することができるのはメリットのみでした。

総括と行動

(1),(2),(3)の理由から年間14000円以下の浄水器の購入を検討しました。
そうすると、6000円弱で下記製品が見つかりました。6000円の場合、相対的に年間で8000円のプラス。8000円分年間得しています。

見た目も変ではない、即購入しました。しかし、到着後はめることができないという問題に陥りました。

どんな形でも取り付けられる訳ではない。

蛇口の形は色々あります。その中でも今回の製品が対応しているのは
・外ネジタイプ
・蛇口の先が太くなっているタイプ
でした。私の家の蛇口を確認すると、
・内ネジタイプ
でした。使えないことが判明しました。面倒くさがりなのでそんなことも調査せずに購入していました。
ということでamazonで購入しました。

購入後、蛇口に取り付けるとぴったりはまりました。24と23でサイズがふたつありますが、これら実際に測らずともメーカーを調べずとも知る方法がありました。
・パッキン(黒いやつ)が外径サイズであれば23
・内径サイズであれば24
でした。※どこかのサイトに書いてありましたが、見つかりませんでした。
実際の写真も載せたいのですが、どうしても反射して自分が写るため、断念しました。

上記製品を購入し、無事取り付けることができました。

比較

この製品からの水の出方としてはシャワー・水道水・浄水の3パターンあり、
・浄水
・水道水
で香りを比較しました。すると浄水からは塩素の嫌な匂いが感じられず、水道水からは嫌な匂いを感じることができるという結果が得られました。ちなみに味も68円の水と同等に感じました。

まとめ

以上、浄水器を購入する前に考えたポイントから、生じた問題、比較結果を紹介しました。ご自身が年間購入している水の代金を計算し、それを下回る値段で浄水器が売っている場合は買ってもいいかもしれません。浄水器は基本的に1年間でタンク部・あるいはフィルター部を交換しますが、本体よりは安い。したがって、2年目からは8000円以上のコスト削減となります。検討してみるのもいいかもしれません。