ウッドチャックの穴掘り記

知りたくなったら掘るしかない

これでスタート!私が初めて使ったプログラミング言語![プログラミング]

私が初めて使ったプログラミング言語ですが、これ特殊かもしれません。笑

まず、使うに至った理由について述べたいと思います。

まず、大学3回生のとき、プログラミングを使って何かすることに憧れていました。

同時期に、私はよくプロフェッショナルや情熱大陸を見ていたのですが、そこで「すごい!かっこいい!」と思った人がいました。

 

かの有名な「真鍋大度」さんです。

 彼の回は衝撃でした。興味がある方は、ぜひYouTubeなどで見てみてください。感動しますよ。

 その回を見て、3Dプログラミングがしたい!!と思いました。

やったことありませんが。笑

 

 そして初めて触れたプログラミング言語が「Processing」です。

 

何もないのに触れたら音が出る??

 

プログラミングを始めたいと思っている方で、この言語を知っている人はいないと思います。 なぜなら、Kinectを扱うことを前提として作られた謂わば3Dプログラミングのための言語だからです。

 

そして、3回生の10月くらいからこのProcessingでプログラムを作ることになりました。 そのとき購入した本がこれです。

 

Making Things See ―KinectとProcessingではじめる3Dプログラミング (Make: PROJECTS)

Making Things See ―KinectとProcessingではじめる3Dプログラミング (Make: PROJECTS)

 

 今、久しぶりにこの本を手元に置いて、この記事を書いていますが、始めたときの気持ちを思い出しました。

「int とかdoubleとか考えるの面倒だなぁ」

って思いを。笑

関数とか意味分からないし。 

そのときに私がどのようにプログラムを書いたかというと、

「面白そうなプログラムのコードをそのまま書いて、とにかく自分のPCでも同様の結果が得られるまで試す」

です。

はじめは型を覚えるとか、慣れるとかそういった訓練をやるのではなくて、

感覚的に「おもしろい!」と思うような結果が得られるものをやるべきだと考えます。

 

本の内容の中で、そのときの私でもできた、おもしろいものは

「ある空間に触れるとPCから音が鳴る」

といったものです。 プログラミングすげぇ〜となりましたね。

詳しくは、内容を見てみてください。立ち読みでもいいですね!

 

私が他にオススメしたいのは、ロボットのプログラミングをするようなものです。

これは、これから私がこれから試してみたいことです。ロボットかっこいいから。笑

そのときはまたココで紹介したいと思います。

 

まとめますと、プログラミングを始めたい理由が「HPを作るのが面白そう」ならJavaとかそんなん。「SNS作るの面白そう!」だったらPHPとか。「カメラ使ってプログラミングするの面白そう!」だったらProcessingやOpenGLを使った何か。

など、自分の好奇心に従ってプログラミング言語を選んでください。 将来役に立つから!とか使ったこともないのに「速いから」とか、そういう理由で始めるのはオススメできません。

なぜなら面白くないから上達も遅いからです。

でも、いくつかで迷ったときは、「これ使ってみたい!」で決めればいいと思います。

言語ごとの利点や欠点の情報はたくさん転がっていますが、それは自分の経験や周りからされたアドバイスから学んだ方がいいと思いますよ。

 

参考までに。