aisaka.com

自分が知りたかったこと・日々の思考・共有したいニュースを発信

めちゃくちゃ便利!PythonやるならAnaconda[プログラミング]

Pythonといえば有名なプログラミング言語ですが、Anacondaって知ってます?

私も今日まで知らなかった便利なものがあったので紹介します。

 

Anacondaとは、Python用の統合開発環境みたいなものです。すごいです。便利です。

プログラミング言語始めたての人は、今すぐこれをインストールしてほしいです。逆に言えば、これに慣れてしまうともう他のものには戻れなくなる危険性も孕んでいますが....笑

Continuum←ここでダウンロードできます。左記のリンクから飛ぶのが不安な方は「Anaconda」で検索すると上から4番目に日本語で分かりやすい説明をしてあるサイトがありますので、そこから飛んで(結局飛ぶことになるがSEO的には向こうの方が信頼性高いので...)いただければダウンロードできると思います。

 

Pythonなどのインタプリタ言語は、数値計算C言語に比べて遅いため数値計算をがっつり用いる方に敬遠されているのかもしれませんが、Pythonという言語はたくさんのプロフェッショナルのプログラマーの方が様々な効率の良い方法で、私たちが作るようなプログラムよりも圧倒的に速度の速いプログラムをPythonで実現しています。

 つまり、何がいいたいかと言うと、モジュールがめちゃくちゃ充実しています

 

その点でもPythonは使うべき言語であるのですが、私が今回推しているのは「Anaconda」。

実際に入力する場面を交えながら、便利そうな感じを伝えたいと思います。

まず、これです。エディタ画面。

f:id:aisakakun:20151104230323p:plain

これは至って普通ですね。むしろオシャレな感じもしない。

しかし、まず注目画面右端の「x int 1 10」というもの。

これは変数xに現在何の値が入っているかを示してくれるものです。便利は便利ですが、これはMatLabとかでもありますね。多分。

次は、右下のコンソール画面。

これは、皆さんがいつもやっているであろう「エラーにならないかどうかを確認するための"printf"」から解放されるための画面です。

これは少し嬉しい。さよならprintfでのチェック。C++ならstd::cout<<からさよなら。

 

まぁこれらは便利ですが、私が思うPythonの強みはたくさんのユーザーが使っていることと、便利なモジュールがたくさんあることなんですよね。

 

そのうちの便利なモジュールを使うためには、NumpyとかScipyとかを別にインストールしなければいけない。これって一手間かかって面倒ですよね。

しかし、このAnacondaさえ入れたらその面倒な作業から解放されます。

なぜなら、一気にそれらが入ってくれるからです。

あとは、プログラムの冒頭に"import ⚪︎⚪︎"とかするだけでいいんです。

 

これが便利。これだけでもAnacondaを用いる価値は十分にあるといえますが、

最後にデータ解析を行うPythonユーザ(特に初心者)にオススメしたいのがこのサイトです。

plot.ly

これが先ほど紹介したような所謂「他のユーザが作ったプログラムを使える」という代表的な例です。このサイトにいけばすぐにわかると思うので多くは語りませんが、初心者の方は感動すると思います。勉強にもなりますし!

 

以上、最後の方は少し話が逸れましたがAnaconda。便利です。

ぜひ試してみてください!