ウッドチャックの穴掘り記

知りたくなったら掘るしかない

主催ライブをすることで学べる社会の仕組みとは?

f:id:aisakakun:20151122230800j:plain

 

 先日のブログの記事で、趣味の一環としてギターを弾いていると申し上げましたが、バンドを組んでいた時期があったんですよ。バンドを組んでいるとライブをすることがありますよね? 

 そのときにノルマ代として一バンド大体2万円くらい支払うんですよね。 これは合理的で、私がかつてライブしていたライブハウスというのは6時間借りるのに13万円かかっていて、出演バンド数が6バンドだったので割ったら大体そうなりますよね? 

 そして、知り合いや、ライブをすることでできたファンのような人たちがライブを見に来てくださって楽しく私もライブをしておりました。

 楽しかったというのは今でも変わりません。いい思い出として残っています。

 

本題ですが、社会の仕組みとは何か?ですが。。

 ここで述べる社会の仕組みとは、どこで利益が生まれているか? ということです。

 

ドリンク代500円。。高くない??

f:id:aisakakun:20151122231850p:plain

私は何回かライブを重ねた後、主催ライブを行うことにしました。 主催ライブというのは、自分もそのライブに出つつ、他のバンドは自分がブッキングすることによって構成するライブのことです。

 私が使っていたライブハウスでは、主催を行う際、バーテンダーとしても働くことができて、飲み物なども自分たちで買ってきて来場者の方のドリンクチケット一枚と引き換えにドリンクを提供するんですよ。 このドリンク代って大体500円なんですよ。

高くないですか?笑 

 まず、私たちの方で提供するためのドリンクを買ってくるのですが、まぁ大体かかって1万円くらい。1万円分といってもお酒はないので、たくさんのジュースが買えるわけです。 しかも、これが終わった頃まだ余ってますから。笑

そのとき、来場した方の人数が100名くらいだったので、

500×100 = 5万円ですね。 そして、ライブ出演費が2万円、ドリンク購入費が1万円。

利益は3万円ですね。100人きただけで3万円の利益ですよ? 社会人になってから人を100人集めるのって労力のいることかもしれませんが、学生の頃は横のつながりや縦のつながりがあるので簡単に100人くらい集まるんですよ。

 正直、主催ライブをすることが目的だったので、この利益は完全に棚ぼたで、嬉しかったですね。 ライブ活動していたら尋常じゃないくらい出費しますので...

 楽しいことをしてお金も稼げる素晴らしさを学びましたね。

 そして、どこで利益がでるのかというのも。

 

はい。

高校生の方や、大学生の方は部活やサークルでライブをしたいなぁ〜って思っているのではないでしょうか? それなら自分で主催してライブをすべきです! ドリンクの準備も自分たちでするようなライブハウスかどうかは、そこのライブハウスであるライブを見に行けばわかるので事前に調査してからやってみてください!

知らない人のライブを見るのも楽しいですし。

 学生のうちはお金が本当にないので、どうやってお金を得るのかも考えた方がいいですよ! 

 ただ、お金を目的としてライブをするというのは無意味で、ライブをするためにお金が必要だからライブで主催をしてみる! というスタンスでお願いします。

 打ち上げ代はその売り上げから出したりして、みんなでその利益を分け合うこともアンチを作らないコツです。

 

 ぜひ主催して、社会の仕組みを学んでください。

 それよりも楽しむことが第一ですけど!