aisaka.com

自分が知りたかったこと・日々の思考・共有したいニュースを発信

知的好奇心がある方必読。不確定性原理について知れる本!

 

f:id:aisakakun:20161031221557j:plain

量子力学を勉強した人なら確実に感じると思います。

不確定性原理って何だ。

 

不確定性原理は、大まかに言うと

 

位置と運動量が同時に決まることはない。

 

という原理です。

光の最小単位である光子を観測するためには、それまた光を照射し、

その位置を確定させるのでしょう。

しかし、光を照射するということは、その光子の運動量って変わっちゃいますね。

位置も若干変わってしまう。

正確な位置は測れません。

運動量も然り。

 

よって、そういう光の位置というのはある程度の範囲に存在していることは分かっても

確定的な位置や運動量はわからない。

だから不確定性原理という名前なんですね。

 

この何とも言えない確率論的な解釈に、アインシュタインは反発しています。

思考実験を行うほどに...

しかし、それも一晩かけて考えたボーアによって反論されます。

これが皮肉なことに、一般相対論の帰結を根拠に反論されているんですね。

面白い。

アインシュタインは、物理法則に確立的解釈を用いてはならないという姿勢を貫いていました。

確かに、私としましても今まであれだけ難解な法則を導き出してきたはずなのに、

ここにきて確率的解釈にまとまってしまうというのは、何ともしっくりきません。

シュレディンガーの猫然り、複数の純粋状態が同時に存在しているというのは、何とも言い難い。

 

量子力学における謎な点。不確定性原理

不確定性原理について、全くイメージが湧かないという方は、

この本がオススメです。

 

新装版 不確定性原理―運命への挑戦 (ブルーバックス)

新装版 不確定性原理―運命への挑戦 (ブルーバックス)

 

 

かなり面白く書かれています。

面白いというのは、笑えるとかそういうのではなくて、

そういわれてみればそうか、というような

式の羅列ではイマイチ ピンとこない部分について詳しく分かりやすく

書かれています。

私自身、光における量子雑音について理解しておらず、式の上のみの解釈に落ち着いていたのですが、この本を読んで、イメージをつかむことができました。

 

光に波の性質があることを示したヤングの実験に興味があった方は、

この本は大好物だと思います。

 

知的好奇心がある方に、オススメの一冊です。