ウッドチャックの穴掘り記

知りたくなったら掘るしかない

~院試までの道のり~vol.7 [番外編:研究室訪問に関するメール]

 f:id:aisakakun:20160613215012j:plain

院の試験を受けるにあたって、研究室を訪問することがあると思います。

たとえ外部向けの院試説明会のついでに研究室を訪問するとしても、

事前に連絡をとっておいた方が相手に与える印象はいいと思います

その際、私が面倒だな、、と思ったのがメールの書き方。

そして院試受験の際のメールに関する記事が少ないため随時調べる必要がある。

そのため私が送ったメールのテンプレートを紹介したいと思います。

私自身、メールを何人かの教授に送りましたが、お叱りを受けることなく

アポイントが取れたので、最低限は守れているという保証はあります。

ぜひご利用ください。

 

訪問先に送ったメールのテンプレート 

件名:研究室訪問について( (大学名) ?回生  (名前) と申します)

 

・・大学大学院・・研究科

・・専攻

 

・・ ・・教授

 

突然のご連絡で失礼いたします。

(大学名) ??学科??回生の"(名前)"と申します。

 

・・先生の研究室のホームページを拝見しました。

私は、”????(研究内容)”の研究について興味を持ちました。

修士の進学にあたり、先生の研究室を訪問させていただきたく、

ご連絡致しました。

 

日程を指定したい場合は、上記の文に続けて、以下のように記述してください。

 

(日程を指定したい場合)

 もし可能でしたら、?月?日(?曜日)にお伺いしたいのですが、

ご都合よろしいでしょうか。

また可能であれば、ご都合よろしいお時間を伺えれば幸いです。

(日程を伺いたい場合)

可能であれば、ご都合よろしいお時間を伺えれば幸いです。

(日程が決まっている(大学院説明会が催されている等)場合)

 ?月?日の??説明会の日に訪問させていただきます。

 日程の指定の質問もしくは、日程が決まっている場合について

上記のように記述したならば、

締めの言葉は、

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

名前:???

大学:???

mail:???@??? 

 といった感じです。

 

メールアドレスに関する注意

f:id:aisakakun:20171205063234p:plain

研究室訪問においてメールにてアポを取るということを書いていきましたが、

メールアドレスにも注意を払うことが重要です。

就活の際に、gmailを使用するのは非常識だと言われているようですが、

研究室訪問くらいならまぁいいと思います。

gmailで送るにしても、yahooで送るにしても、

アカウント名は、

(名前+数字)@gmail.com 

 とかにしましょう。

変なメールアドレスで送ると、常識がないと思われます。

研究室の人とメールをすることになった場合、

そのアドレスを教えると、研究室内でおそらく話題になります。笑

なので、変な意味で目立たないように普通のメールアドレスを作っておきましょう。

大学で用意されているメールアドレスを使うのがベストです。

 

院試験合格後に教授に送るメール

f:id:aisakakun:20171205063413j:plain

少し気が早いかもしれませんが、合格後のメールのテンプレートも書いておきます。

院試験合格後、お世話になる研究室の教授にメールを送るというのは

必須ではございませんが、挨拶はしておいた方が今後疑問があった時質問しやすいです。

合格したのであれば連絡をすることをお勧めします。

(遅れたとしても、3月までにしておけばOK)

 

その際の、メールのテンプレートも書いておきます。

件名:研究室配属((大学名) ?回生  (名前) と申します)

 

・・大学大学院・・研究科

・・専攻

 

・・ ・・教授

 

突然のご連絡で失礼いたします。

この度、大学院入学試験に合格し、来年度から

??研究室に配属される予定の”(名前)”と申します。

 

来年度からの配属にあたり、連絡いたしました。

よろしくお願いいたします。

 

名前:???

大学:???

mail:???@??? 

 

まとめ

以上が

・メールを送信する際のテンプレート

・メールアドレスに関する注意、

・院試験合格後に教授に送るメール

これで、院試験に関するメールのテンプレートはバッチリだと思います!

勉強に集中してぜひ合格をつかんでください。