ウッドチャックの穴掘り記

知りたくなったら掘るしかない

PCメンテ初心者が熱伝導フェイズチェンジシート使ってみた

それは、4年前から使っていたPCのファンの音が大きくて気になっていたときのことだった。 「うるさいのは、ファンが埃まみれなのだろう、やったことないけど、CPUファン掃除してみよう」と思い、思考錯誤すること一時間。ようやくファンを掃除し終えたと思い、PCを起動してみた...

(ファンの音)ブーーーーーーン。 (PCが切れるような音)プーーーン。

あれ?落ちた。。。

なんでだ.....考えましたが、知識もないため、よくわからない。

そこで、「PC ファン 掃除 落ちる」で検索すると、どうやらCPUからの熱を伝える役割を担う、グリスが剥がれているらしい。

なんだグリスって.....ファン掃除しなければよかった...さよならVAIO。。。

運良く起動したときに、CPUの温度を測定したところ、何もしていないのに90~100℃以上になり、突然落ちる。

 

そこで、PCに詳しい私の父に相談すると、「熱伝導フェイズチェンジシート」を買うことに。。

「自分でやってみるわ!ありがとう」といってみせたが、ちゃんと扱える自信はない。

そうしてPCを放置して数ヶ月経過...

それが今日である。 ふとVAIOを使いたくなって、熱伝導部分をみることにした...

 自分の所有しているものとほとんど同じ構造をしているPCの部品を取り外していっている動画を見て、取り外し方を間違えないようにチェックし、まずは伝導部分を取り外すことに成功。 案の定、グリス(?)はボロボロでちゃんとくっついていない状態でした。

f:id:aisakakun:20151107002453p:plain

こんな感じです。まぁ取った後なので、当然ボロボロですが、こちらを綺麗に拭いていきます。拭く際は、無水アルコールを使ったほうがいいそうです。水分残すとよくないらしいので。。

                         結果、動いたのか....?

そして、ここに、数ヶ月前に購入した熱伝導フェイズシートを切り取り、貼り付けます。

 

Bullet 熱伝導フェイズチェンジシート HT01

Bullet 熱伝導フェイズチェンジシート HT01

 

 まさに、これですね。私は家電量販店で買いました。

そして、初の貼り付けに成功し、もとのようにネジを締め直し、

こんな風になりました。

f:id:aisakakun:20151107003013p:plain

この銅の棒みたいなものの先がネジで止められていますが、そちらの下にCPUがあります。 このように、うまく熱伝導フェイズチェンジシートを貼り付けることに成功しました。

 そして、緊張の起動の瞬間。。。

落ちることなく起動!!!

そして、最終確認として前回一度ついて落ちた時は、SONYX-アプリを起動した瞬間だったので今回も起動してみることに。。。。すると、、、

 

開きました!! そして音楽を流しても落ちる気配なし!!!

成功しました。うれしい。

今回、初めてPCの中身のものをイジることをしましたが、中々勉強になりました。

最悪壊れてもいいPC(壊れて欲しくはないけど)を使って、このように普段使っているPCでは試せないことを試すのも勉強になっていいですね。

 今後は、直したVAIOのPCとMacのPCを併用して使っていきたいと思います。MacWindows入れなくて済んだ....よかった。

PCの修理はプロに任せるのが安全ですが、自分でできるようになりたいですよね。

自分でやるには大きなリスクが伴いますが、やらないと経験できないことなので、やったほうがいいとは思いますね。

 参考までに!